歯科医ホワイトニングとの違い

1.セルフホワトニングは医療行為ではない

オフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)は、歯科医院で施術される医療行為です。
医療行為かどうか、という観点で見ると、セルフホワイトニングは医療行為に当たりません。
これは、自分でホワイトニングをおこなうか、歯医者さんにおこなってもらうかという違いがあるだけではありません。

実は、セルフホワイトニングサロンや専門店では、歯医者さんと同じ薬剤や機械を扱うことが認められていません。
その理由を詳しく解説していきます。

1-1スタッフに国家資格を持つ人がいない

セルフホワイトニングサロンや専門店では、スタッフがお客さんのお口の中に触れることができません。
現在の日本の法律では、歯科医師や歯科衛生士以外の人がお口の中に触れると違法と見なされます。

国家資格を保持していないスタッフが薬剤を塗ったり、洗浄したりすることができないため、「セルフホワイトニング店」=「お客さん自身にホワイトニングをしてもらうお店」という形態を取っています。

1-2歯医者さんで扱う薬剤は使えない

歯医者さんのホワイトニングでは、主に「過酸化水素」や「過酸化尿素」が主成分の薬剤を用いて歯を漂白しています。
これらは医薬品に分類されるため、歯科医師や歯科衛生士がいないお店(セルフホワイトニングサロン・専門店など)では扱うことができません。
万が一扱っていた場合には違法となるため、注意してください。

セルフホワイトニングで扱っている薬剤は、店によって違いがあるようです。
主に重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸などを用いることが多くあります。
これらの薬剤は、ホワイトニング効果のある市販の歯みがき粉にも配合されている成分で、資格がなくても扱うことができます。

1-3歯医者さんで扱う機械は扱えない

セルフホワイトニングでは、LEDで照射することで歯を白くしていきます。
一方、オフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)では、医療機器として認められた機械(ハロゲンライトやレーザーなど)を歯に照射し、歯を白くする効果を高めます。

医療機器の管理・販売については薬事法で規制されているため、サロンや専門店に医療機器を設置することはできません。

 

2.話題のセルフホワイトニングとは

2-1 セルフホワイトニングは自分ですべて行う

歯医者さんで行うホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士がホワイトニング薬剤を塗り、照射します。

一方、セルフホワイトニングは患者さん(お客さん)自身がすべての施術をおこないます。
ホワイトニングの質が自分の手に委(ゆだ)ねられることになりますが、歯医者さん独特の雰囲気は少なく、リラックスできるかもしれません。

2-2 安価に治療できる

セルフホワイトニングは自費診療であるため、クリニックによって値段に差があります。
費用目安は 1 回で大抵 3000 円~5000 円程度とオフィスホワイトニングに比べて安価です。

3.セルフホワイトニングのメリット・デメリット

3-1 セルフホワイトニングのメリット

 

◆費用が安価で続けやすい
上で記した通り、セルフホワイトニングというのは、オフィスホワイトニングと比べて安価であることがメリットです。
費用が安価であれば、定期的に施術を受けやすいのではないでしょうか。

◆痛みが出にくい
セルフホワイトニングはオフィスホワイトニングと比べて、痛みが出にくいことがメリットです。
セルフホワイトニングに配合されているポリリン酸やメタリン酸といった成分は、とても穏やかに作用します。
食品添加物としても用いられていますので、刺激を与えづらいです。

 

◆ステインを落として歯を元の色に戻すことができる
セルフホワイトニングは、歯の表面の汚れ(ステイン)を落とせることがメリットです。
飲食物や喫煙により、ステインが付着してしまった人は 1 度でも効果を感じやすいでしょう。

 

3-2 セルフホワイトニングのデメリット

◆漂白効果がなく表面の汚れしか落とすことができない
セルフホワイトニングは漂白作用がなく、歯の表面の汚れしか落とせないことがデメリットです。
元から歯の色が黄ばんでいる人や、加齢で歯の色がくすんでしまった人が、セルフホワイトニングのみで歯を真っ白にすることは難しいでしょう。

◆薬剤の塗り方によってはムラになることもある
セルフホワイトニングは自分で薬剤を塗る必要があります。
均一に薬剤が塗布できないことが原因で、場合によってはムラができてしまいます。

◆虫歯や歯周病があるかチェックしてもらえない
セルフホワイトニングは多くの場合、歯科医師や歯科衛生士がいないので、お口の中の検診をしてもらえないことがデメリットです。
虫歯や歯周病があった状態でホワイトニングをすると、薬剤が刺激になり痛みが発生する場合もあります。

 

4.セルフホワイトニングの施術の流れ

セルフホワイトニングの施術内容はお店によってそれぞれ異なりますので、ここでは基本的な流れを説明します。
ホームページに記載していることもあるので、詳しく知りたい場合は、セルフホワイトニング店のHPをチェックしましょう。

 

① カウンセリング
まずは施術に関する説明を受けましょう。
分からない点、不安な点、悩んでいる点などをカウンセリングで話します。

② 患者さんが自分で歯磨きをする
施術前に歯磨きを自分で行います。
歯の表面や歯間の汚れをしっかり落として、セルフホワイニング効果を高めます。

③ お口をゆすぐ
歯磨き粉や汚れなどが残らないように、水でお口をゆすぎましょう。
水でゆすいだ後はティッシュなどでしっかり水気を取り除きます。

④ 薬剤を歯の表面に塗る
薬剤が歯茎に付着しないよう、均一に歯に塗ります。
薬剤の厚みが変わらないように丁寧に塗ることで、ムラになりません。

⑤ LED ライトをあてる
薬剤が均一に濡れたら LED ライトをあてます。
照射時間は機械やサロンによって異なります。
ライトを照射中に痛みや違和感が出たら、無理をせずスタッフに相談するようにしましょう。

⑥ 薬剤を拭き取る(もしくはゆすいで流す)
LED ライトの照射が終わったら薬剤を落とします。
ティッシュで落とす、水でゆすぐ…など、セルフホワイトニングのお店によって違いがあります。

⑦ 4~6 を何セットか繰り返す
ほとんどのサロンは 4~6 の流れを何セットか繰り返します。
回数はクリニックによって違うので、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。

⑧ 患者さんが自分で歯磨きをする
最後に自分で歯磨きをします。
このときに、薬剤が歯や歯茎に残らないようにしっかり磨きましょう。
薬剤の残りがあると、後々その刺激によって痛みが発生することもあるので気を付けてください。

⑨ お口をゆすぐ
歯磨き後はお口をゆすいで施術完了です。

5.それぞれの費用

◆オフィスホワイトニング 1 回につき 15,000 円~50,000 円
◆セルフホワイトニング 1 回につき 3,000 円~5,000 円

​【完全予約制】セルフホワイトニングのホワイトニングサロン「ジーパーズ」​

​定休日:不定休

​営業時間:10:00〜17:00


〒060-0002 札幌市中央区北2条西9丁目1番地Wall annex302

(株式会社シェアスタック内)

※お車でお越しの際は、お近くの有料駐車場をご利用下さい。

TEL:011-522-9739 

MAIL:reserve@whitening-jeepers.com

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸